2008年10月28日

固体照明機器・デバイスの海外政府開発プロジェクト・企業の現状と将来展望

数年後の世界市場が10兆円市場とも言われる照明分野を目指して、白色LEDや有機ELデバイス・製品などの次世代照明デバイスが日々技術革新される中、本分野において先行している海外の国家プロジェクトや企業の動向と戦略を関係企業に広く知るための調査を行い、マルチクライアント・レポートとして作成して欲しいという業界関係者様からの声を受け、本レポート『固体照明機器・デバイスの海外政府開発プロジェクト・企業の現状と将来展望』を2008年12月に作成いたします。


調査報告書の概要

このレポートはLEDや有機ELなどの照明デバイス、照明器具の研究開発・設計・商品化・製造・品質管理・市場開発に必要な海外政府機関や主要メーカ動向・市場情報・環境対応に関する最前線情報を以下の概略でまとめたものです。

・世界の照明機器製品・市場・環境対応の動向と展望
・おもに米国でのLED照明製品の市場化動向
・おもに欧州と米国での有機EL照明技術の開発動向

LEDや有機ELなどの照明デバイスメーカー・材料メーカ・装置メーカや照明器具メーカが海外企業と協業したり、競争してゆく上での、有益な情報にもなると考えます。

本レポートは、2007年7月から2008年11月にかけての、欧州・米国・韓国などの海外での3度の徹底した現地調査の内容も含んでおり、関連業界関係者の協力もあり、最新の海外市場・標準化・開発の現状と将来展望についての内容で発刊することにいたしました。

【販売】  グローバルネット株式会社
 お電話でのお問い合わせ 03−5117−2225
 メールでのお問い合わせ info@global-net.co.jp

【価格】  980,000円(送料・消費税込み予定価格)
【発行日】 2008年12月予定
【頁 数】 A4/約200頁以上(計画)

調査対象

調査対象事業分野

 1.白色LED照明製品の開発・製造・販売
 2.有機EL照明製品の開発・製造・販売
 3.上記固体照明デバイス材料の開発・製造・販売
 4.上記固体照明デバイス製造装置・計測装置の開発・製造・販売

調査対象地域
 1.米国
 2.欧州
 3.中国・韓国・台湾などのその他の地域

調査対象プロジェクト
 1.米国政府エネルギー省のプロジェクトと参画企業
 2.その他の米国政府内のプロジェクトと参画企業
 3.欧州連合(EU)のプロジェクトと参画企業
 4.ドイツ政府のプロジェクトと参画企業
 5.ベルギーIMECなどの欧州のプロジェクトと参画企業
 6.中国・韓国・台湾でのプロジェクトと参画企業
 7.世界の環境汚染と温暖化防止のための照明産業への規制

目次

報告書内容概要 

第1章 世界でのLED/有機EL照明機器市場の動向と展望
1-1.照明製品の動向と展望
1-1-1 照明、エアコン、冷蔵庫などの省エネが、持続可能で温暖化防止に寄与するようなエネルギー需給構造への転換のための施策
1-1-2 白熱電球を廃止する動向
1-1-3 店舗照明・冷蔵庫内照明・建造物の装飾・駐車場・道路照明・車載機器などへの白色LED照明・有機EL照明のアプリケーション動向
1-1-4 白色LED照明・太陽電池・バッテリーと組み合わせの動向
1-1-5 白色LED・有機ELデバイスの性能
1-1-6 白色LED照明機器の熱管理とエネルギー効率
1-1-7 白色LED照明・有機EL照明機器メーカの動向
1-1-8 LEDバックライト動向

1-2.照明機器市場の動向と展望
1-2-1 照明機器全体の市場規模予測
1-2-2 照明用途の白色LED素子・有機EL照明製品の市場規模予測
1-2-3 有機EL照明製品のメリットと課題と市場規模予測


第2章 世界での環境問題に対応した照明製品の動向と展望
2-1.省エネルギー・温暖化ガス削減に対する照明製品・市場の動向と展望
2-1-1 エネルギー需要
2-1-2 温室効果ガスCO2を削減させるための照明製品に関する政策動向
2-1-3 省エネルギー・温暖化ガス削減ビジネスへの投資動向

2-2.地球規模での水銀汚染の実態と照明製品市場への影響
2-2-1 食用魚類の水銀汚染の実態と危険性
2-2-2 人間への汚染の状態と健康リスク
2-2-3 蛍光灯や石炭発電などの汚染源の実態と削減対策戦略の動向
2-2-4 蛍光灯からの水銀の回収の動向
2-2-5 水銀規制に関する欧州のRoHS 指令の今後の動向予測


第3章 欧州でのLED・有機EL照明機器の市場・標準化・開発の現状と将来展望
3-1.照明製品の規格と規制の動向
3-1-1 照明機器の工業規格・計測基準
3-1-2 白熱電球の製造・販売の規制と新照明機器の普及施策
3-1-3 自動車向け照明の規制

3-2.欧州での新照明関連技術の開発コンソーシアムの動向
3-2-1 有機EL照明開発を目的としたEUのFWP(Framework Program for Research and Technological Development)の内容と動向
3-2-2 EUでの個別開発プロジェクトの動向―PLEASプロジェクト、STABILIGHTプロジェクト、NANDOSプロジェクト、ROLLEDプロジェクト、OLLAプロジェクト、OLED100.euプロジェクト、FAST2LIGHTプロジェクト、AEVIOMプロジェクト、POLYMAPプロジェクトの内容
3-2-3 有機EL照明開発を目的としたドイツ連邦教育研究省(BMBF)でのOLED製造企業の育成政策
3-2-4 ドイツでの個別開発プロジェクトの動向―Rollexプロジェクト、CAROプロジェクト、OPALプロジェクト、LILTプロジェクト、HOBBITプロジェクトの内容
3-2-4 ベルギーIMECなどでのその他の開発プロジェクトの動向


第4章 米国でのLED・有機EL照明機器の市場・標準化・開発の現状と将来展望
4-1.米国政府の省エネに関連した照明技術への開発支援政策
4-1-1 省エネ照明の「Energy Star Program」によるコンパクト蛍光ランプの普及政策
4-1-2 米国エネルギー政策法2005においての次世代型照明機器開発
4-1-3 エネルギー省のLEDと有機ELを用いた照明器具開発のための基礎研究支援と、製品開発支援プログラム
4-1-4 開発支援を受けている米国企業の成果と動向

4-2.エネルギー省の固体照明普及のための支援政策
4-2-1 屋外用の道路・駐車場向けのLED照明製品のGATEWAY実証テスト
4-2-2 製品化されたLED照明製品の品質を維持してゆくためのSSL Quality Advocatesプログラム
4-2-3 エネルギー効率の高い照明の普及と、質の高くかつ長寿命の照明器具の普及も目指ざすEnergy Starプログラム
4-2-4 市販されている照明器具製品の性能を標準的な測定手段で測定し、商品で謳っている性能を把握するためのCALiPER試験プログラム
4-2-5 Lighting for Tomorrow SSL Competition 、Next Generation Luminaires デザインコンテスト、Bright Tomorrow Lighting Prizes(L Prize)コンテスト、などの政府と業界が共催するLED照明機器コンテスト

4-3.その他の照明機器開発支援プログラムと参画企業

第5章 中国でのLED・有機EL照明機器の市場・開発の現状と将来展望
5-1.中国政府のエネルギー問題、省エネ、環境汚染に関連した政策
5-2.中国でのLED市場・固体照明製品の現状と将来動向
5-3.中国でのLED半導体の生産の現状と将来動向
5-4.中国科学技術部と国家半導体照明工程産業連盟(CSA)の固体照明普及のための支援政策と活動

第6章 韓国・台湾などその他の地域でのLED・有機EL照明機器の開発の現状

第7章 LED・有機EL照明機器の市場・標準化・開発に関する資料データ集
6-1. LED照明に関する新しい工業規格
6-2. 照明市場に関係する環境関連データ
6-3. CALiPER試験結果 など
posted by 照明情報ブログ at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 求人・人材紹介・転職関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/108721528
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。